悩みのない毎日のために

遊びのつもりで入れてしまった刺青のせいで、
「プールや温泉に入れない」「仕事を変えたいがいれずみは問題がある」
「結婚式が近いけどどうしたらいいか」「家族や恋人に見られたくない」
「子供が生まれる/大きくなる前に消したい」・・・
 などと悩まれている方はたくさんいらっしゃいます。

以前勤務していた病院でも多くの方からの相談を受け、治療をさせていただいているうちに、いれずみの除去は私の大事なライフワークの一つとなりました。
時間や予算、タイミングなど、他の美容外科の手術以上に制約が多くなりがちな治療ですが、可能な限り患者さまのご希望に合わせた治療計画を立てさせていただいています。
「恥ずかしい」「気が引ける」などと言ったご遠慮はいっさい必要ありません。
どんなことでもご相談ください。一日でも早く解決できれば、悩まずに過ごせる日も早く来るのですから。

いれずみの治療方法としては大きく分けてレーザーと手術があります。
いれずみの場所、大きさ、治療のゴール(目立たないようにしたいのか、完全な切除がよいのか,いつまでに消したいのか)によって、治療法を選択していきます。

レーザー治療

レーザー治療の原理

皮膚の中に埋もれている、いれずみの色素(染料)にレーザーをあてると、熱と衝撃波で色素は細かく粉砕されます。
すると長年そのままであった色素も、粉砕されることで徐々に吸収、排出されていきます。
これを繰り返すことでいれずみの除去が可能になります。

当院では「QスイッチYAGレーザー」を使用しております。
黒・紺色だけでなく、赤色までカバーしていることや、532nmと1064nmという2種類の波長で深さの調整ができること、また照射速度が最大10ヘルツ(1秒間に10回!)まで上げられるので、広範囲のいれずみでも治療が早く終えることができるため、この機種を採用しています。


《 治療方法 》
局所麻酔(広範囲の場合は麻酔クリームを併用)をして痛みを最小限にしてから照射を行います。治療自体はごく短時間で終わります。
治療に必要な回数はいれずみの濃さ、色素の種類、深さにより異なってきます。

QスイッチYAGレーザー(いれずみ)
1㎝×1㎝以内 10,000円(税込11,000円) /回
2㎝×2㎝ 20,000円(税込22,000円) /回
4㎝×4㎝ 40,000円(税込44,000円) /回
【特別ケアプラン】 7回目以降の照射は、1回あたりそれまでの料金の70%offでご案内させていただきます。
※4回まで適応となります。

※ 別途麻酔代、処方薬代を頂戴しております。
※ 治療費が大幅に割引になるモニターを随時募集しております。
ご興味のある方はお問い合わせください。

ー治療を途中で投げ出さない、投げ出させないー

同一部位への治療回数が6回を超えてもまだいれずみが残っている場合、特別ケアプランがあります。
7回目以降のレーザー照射は最高4回まで、通常の70%offで受けられます。
例)1㎝×1㎝のいれずみなら・・・
7回目以降は10回目まで、1回あたり10,000円(税込11,000円)⇒3,000円(税込3,300円)で照射可能です。

もちろん、毎回の診察やケアの質、丁寧さはそのままです。
治療を途中であきらめないために。当院にすべてお任せください

手術治療

手術による治療法には 1・切除法 と 2・植皮法の2種類があります。

1・切除法(単純切除法・連続切除法)

いれずみを含んだ皮膚を切除して縫い合わせることで、ケガや手術のあとのような綺麗な傷に変えてしまう方法です。
皮膚を切りとって縫うというと単純な手術に聞こえますが、実際には完成する傷の長さ、向き、形を十分にシミュレーションしてから行う必要があります。
生まれつきのあざや、皮膚がんなどの悪性腫瘍の切除と再建を本業にしてきた形成外科医の技術が最も活かされる手術と言えます。

《 治療方法 》
切除法には1回で取りきってしまう単純切除法と、何回かにわけて切除を行う連続切除法があります。

単純切除法:指でつまめるくらいの幅のものであれば、ほとんどの場合1回で切除することが可能です。

連続切除法:幅や面積が広いデザインの場合、何回かにわけることで切除が可能になります。皮膚が次第に引き延ばされる性質を利用しながら、3か月ほどのインターバルを置いて、切除を続けていきます。
回数は必要になりますが、1回ごとに傷にかかる負担を少なくし、よりきれいに仕上げられるというメリットもあります。

傷の赤さは時間の経過によりさらに目立たなくなっていきます。

刺青除去
単純切除・連続切除法1回目 切除する長さ1cmあたり20,000円(税込22,000円)
連続切除法2回目~ 切除する長さ1cmあたり12,000円(税込13,200円)
※別途麻酔代、処方薬代を頂戴しております。

複雑なデザインやテクニックを必要とする場合、割増料金をいただきます。
非常識な値段のつり上げなどは一切いたしません。
予算に合わせたプランを丁寧なカウンセリングで提案いたします。

2・植皮法

背中一面に入ったいれずみや、二の腕を一周する幅の広いいれずみなどでは、切除法では対応できないケースがあります。
この場合、太ももやお尻から皮膚を薄く剥いできて、いれずみをとった部分に移植する、皮膚移植が究極の方法となります。
移植するのが自分の皮膚であっても、部位が変わると色の違いや厚さの違いが目に付くため、火傷や事故のあとにカモフラージュする、と言った意味合いの治療になります。
皮膚を剥いできた場所(採皮部と言います)であるお尻や太ももにも少し濃い色が残るため、手術法の中でも最終手段と言えるでしょう。