医療痩身・メディカルダイエット

痩身治療について

当院の考える痩身治療

痩身治療のゴールはただ単純に痩せているとか、体重を○○kg落とす、ということではなく、美しいプロポーションをつくり、健康的にそれを維持していく事だと私たちは考えています。
ひたすら激しい運動を繰り返したり、無理な食事制限で数字上の体重をどれだけ落としてもこのゴールにはなかなか近づけません。
理想に近づいていくためには、体に無理な負担をかけず、痩せたい部分の脂肪を集中的に減らしていく部分痩せこそが重要です。
当院ではこの考えに基づき、医学的に妥当性のある「メディカルダイエット」を医療行為として行っています。

痩身の意味
ダイエットのイメージ

とは言え、明らかに標準体重をオーバーしているのに部分的に痩せることができても、バランスのよいプロポーションとは言い難いのも事実です。
体脂肪は「皮下脂肪」と「内臓脂肪」に大別できますが、食習慣の改善、定期的な運動習慣を身につけることで少しずつ「内臓脂肪」を減らしながら、部分痩せで気になる部分の「皮下脂肪」を減らし、美しいプロポーションをデザインしていくのが理にかなった痩身方法と言えるでしょう。

痩身治療の歴史

「美しい体を手に入れたい」という望みは、はるか昔から女性の夢でした。古くは中世ヨーロッパでは補正下着としてのコルセットが有名ですし、中国に見られた纏足もまた部分的ではありますがその当時の美の価値観を反映した身体改造の習慣であったと言えます。
しかし、痩身に対して医療が本格的なアプローチを始めたのは医療技術が進歩した現代に入ってからのことでした。
記録に残る中では1920年代にフランスの外科医によって行われた痩身手術(皮膚と脂肪を切除して縫い合わせるという単純なものであったようです)が最古のようですが、これは残念ながら失敗に終わりました。
その後も同様の手術はヨーロッパを中心に行われた記録がありますが、出血やダメージの大きさからその改善効果はあくまでも限定的にならざるを得なかったようです。

脂肪吸引法

痩身治療の流れを大きく変えたのは1970年代に入って複数の医師らが始めた新技術でした。皮膚を切るのではなく、特殊な管を使って脂肪のみを吸い出すというアプローチは、40年以上が経過した今でも発展しながら「脂肪吸引法」として痩身治療の中でも重要な位置を占めています。
しかし機器・技術が洗練された今でも、脂肪吸引には一定のリスクが伴います。感染や浮腫、疼痛障害はおろか、内臓損傷や麻酔中毒、脂肪塞栓などにより死亡する例も残念ながら絶えません。もちろんこれらをゼロにすべく努力が日夜続けられていますが、やはりその侵襲(ダメージ)の大きさは無視できないものであることは確かです。
そこで、さらにダメージを少なく、低リスクで脂肪吸引の効果に迫るべく発展してきたのが痩身機器治療でした。
表面に傷を残さない機器治療はそのリスクの低さと手軽さから一気に広まり、現在では高周波、ダイオードレーザー、HIFU(高密度焦点式超音波)、冷却等の原理を用いて、脂肪細胞自体を破壊する様々な治療法が確立しています。

医療痩身のポイント

実はこの脂肪細胞自体を破壊する、ということが痩身においては何よりも重要になります。そして同時にこれは「医療痩身のみ」が持つ特徴でもあります。
運動やサプリメント、機器を含むエステ、食事療法のいずれもが、脂肪細胞一つ一つのサイズダウンを図ることで脂肪組織の厚みを減らす方法に過ぎません。
これらの方法では脂肪細胞の数は全く変わらないため、運動習慣をやめたり、食生活が悪化したり、エステに通うのを止めたりすればまた元に戻る=リバウンド可能性が非常に高くなります。
これに対して医療痩身では脂肪細胞の数自体を減らすことにより、希望する部分の部分痩せが可能であり、またリバウンドを起こしにくくすることが大きな特長になります。その根拠としては、「ヒトの脂肪細胞の数は青年期までに固定するため、治療後に脂肪細胞が再度増加することは無い」(出典:Spalding KL, et al. Nature Letters 2008;453:783–787 )という事実があります。
生活習慣により大きくも小さくもなる脂肪細胞そのものを除去すること、これが究極の痩身と言えるでしょう。その意味で医療痩身には他の方法には決してない大きなアドバンテージがあると考えられます。
加えて言えば、運動や食事制限のような辛い努力の必要がないことも大きなメリットになるでしょう。

医療痩身の実際

それでは、実際の医療痩身とはどのようなものでしょうか。
定義としては医療痩身は
①医療機関において医療機器の使用や手術などで、脂肪細胞を減少させる
②医師もしくは医師監修のもと医療スタッフが治療を行う
ことにより、安全面でのリスクを最大限に減らしつつ、リバウンドしにくい効果的な痩身治療を行うことになります。
これを満たすものとして、現在では様々な方法が発展してきたのは先にお話しした通りです。一般的なものは以下のようになります。

  • 外科的治療:脂肪吸引・腹部形成術(皮膚・脂肪組織を切除する)
  • 低侵襲治療:脂肪溶解注射
  • 非侵襲的施術:機器治療
  • 冷却による治療
  • 熱照射による治療

これらのいずれもが、脂肪細胞そのものを除去して恒久的な痩身効果をもたらすことを目的としています。それはすなわち(安全性を第一にしながらも)半永久的に身体の組成を変えることにほかならず、それ故に医療機関でしか行えない強力な痩身治療の方法であるのです。

医療痩身を手軽に叶える機器治療

上で挙げた方法の中でも、近年特に発展が目覚ましく、また高い支持を得ているのが医療機器による痩身です。
脂肪吸引や切除(私自身も執刀経験がありますがかなり大掛かりです)のように全身麻酔や長いダウンタイムを必要とせず、施術後はそのまま日常生活に戻れる点や長引く痛みが少ない(機器の種類にもよりますが)点がその大きな理由だと思われます。
特に日本人は周囲のかたにできるだけ治療を受けていることを知られたくない、という方も多いので、その意味でも機器治療は優れていると言えるでしょう。
日常生活を犠牲にせずに痩身治療が受けられる、この手軽さは働いている女性にはことさら良いポイントになると、診療しながら実感しています。
「手術によることなく、喜んでいただける結果をだしていく」、これが現代の美容医療の一つのテーマであるようにも思います。

当院の医療痩身機器

数ある医療痩身機器の中から当院が検討を重ねて導入したのが「VanquishME」(ヴァンキッシュME)、通称『ヴァンキッシュ』です。
この機器は前述した分類で言うと「非侵襲的施術」のうちの「熱照射による治療」になります。
具体的には高周波が脂肪組織に選択的に吸収される性質を利用して、脂肪細胞を熱で破壊して減少させる治療になります。
機器を検討するにあたっては、冷却による治療にはない熱による代謝促進効果があること、非接触型(機器が体に触れない。これはヴァンキッシュのみが持つ特徴です)のため清潔であること、そして何より「痛み無く治療を受けられる」ことが決め手でした。
院長である私自身が何度も治療を受けてみてその特徴と効果を十分に実感できたので安心してお勧めできる機器を導入できたと考えています。
ヴァンキッシュの詳細については以下(編注・リンクを貼る)にも詳しく紹介していますので、ぜひご覧になっていただければと思います。

脂肪溶解注射について

同じく前述の分類のうちで、「低侵襲治療」にあたるのが 脂肪溶解注射です。
この治療は顔・身体の皮下脂肪が気になる部分に少量の薬剤を注入することで脂肪細胞の膜を破壊し、内部の脂肪を溶解させる方法です。
薬剤の種類により一時的な赤みや腫れなどのダウンタイムはありますが、軽度なので日常生活を送りながら受けることができる治療になります。
最近はこのダウンタイムもほとんど存在しない種類の薬剤も出てきたため、より身近な治療と言えるでしょう。
当院では脂肪溶解作用の強さに重きをおいた「FatX」と、圧倒的なダウンタイムの少なさが特徴の「BNLSneo」の2種類を採用しており、お顔の部分痩せからボディのお悩みまで、広い範囲で治療を行っています。

内臓脂肪と食生活を変える内服薬

機器治療が対象にするのは主に皮下脂肪です。
内臓についた脂肪を減らし、さらに体重を減らすためには「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を保つことが重要です。脂肪のカロリー(cal)は1g 約7,2kcalですので、1kg減らすには単純計算で約7,200kcalを消費するか、摂取しないようにするということになります。
摂取カロリーを減らすためにはもちろん食事量をコントロールしてしまうのが最も簡単です。
また、消費カロリーを増やすには運動により消費するか、基礎代謝を上げることが有効です。ヴァンキッシュには代謝を活発にする作用がある事は前述のとおりですが、加えて内服により食事量を減らしながら基礎代謝をあげることでその効果をさらに促進させることが可能です。
それを叶えるのがダイエット用の内服薬になります。
当院では「サノレックス」という食欲抑制剤を処方しています。

ダイエットの内服薬

これは脳の視床下部と呼ばれる食欲をコントロールしている中枢に直接作用し、接触中枢(空腹感を駆り立てる)を抑制するのと同時に満腹中枢(摂食を控える)を刺激して食欲抑制効果を発揮するお薬です。

本来は重度肥満(BMI>35、身長160㎝なら90kg)の治療のために厚生労働省の薬事承認を得ているお薬ですが、軽度・中等度肥満の患者さまでも食習慣の改善、体重コントロールに有効です。
私見ですが、ついつい食べ過ぎてしまう・食欲のコントロールがどうしても難しい・食べることでストレスを解消している、という方はこのサノレックスの内服により食欲が抑制されている期間は冷静に食習慣を見直すチャンスになると思います。
夕食の食事量を減らせた、間食を止めることができたという患者さまの反応が多いことはその証左と言えるでしょう。
さらに代謝促進、腸管からの栄養吸収の阻害効果もあるため、ヴァンキッシュと同時に服用すると相乗効果が期待できます。

食欲コントロール

もちろん部分痩せではなく、体重を落としたい、内臓脂肪を減らしたいというご要望にも応えられるお薬ですので、ご希望がある方は併せてご相談いただければと思います。
(医師の診察、採血検査により問題なく処方できることを確認させていただいております)。

ヴァンキッシュME

ダイエットの内服薬

最新の非侵襲的技術を導入した新型BTLヴァンキッシュME™は、寝ているだけで皮下脂肪の厚さにお悩みの患者さまのお腹・背中・腰・太もも裏の部分痩せとウエストのクビレを創造する画期的な痩身治療機器です。

皮膚や筋肉など他の臓器にダメージを与えることなく脂肪組織のみを熱エネルギーで加熱して脂肪細胞を破壊していく、施術中の痛みが無く、ダウンタイムも少ない革新的な医療痩身機器です。

ヴァンキッシュMEの原理

フィールドセレクティブRF
ダイエットの内服薬

ヴァンキッシュMEのパネル内に配置された複数の電極では1秒間に2700万回の早さで+とーが交互に入れ替わり、電極間を結ぶようにRF(高周波)エネルギーが照射されます。

選択的脂肪加熱

サーモグラフィによる治療中の熱分布

このRFエネルギーにより、皮下10㎜を中心とした皮下5mm〜15mmの厚さ1センチの皮下脂肪組織を43℃〜45℃に維持しながら均一に加熱して治療を行ないます。
サーモグラフィでも治療範囲となる腹部全体が均一に温められていることが確認できます。
ここまで読まれた方の中には、熱めのお風呂でも42℃くらいだから43~45℃というと熱すぎるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしこれはあくまでも選択的に加熱される脂肪組織の温度であり、皮膚表面の温度は40℃前後に保たれているため、受けている患者さまは岩盤浴のような温かさを感じるくらいです。

また、照射エネルギー量と反射エネルギー量をリアルタイムで測定し、自動的にチューニングを行うため、脂肪組織に最適かつ最大のエネルギー量が照射されます。 毎回、施術者によらない安定した治療が可能になっています。

アポトーシスの誘導

脂肪細胞は45℃の加熱を3分間行うことによりその生存率は60%低下することが知られています(参考文献:Franco W et al. Lasers Surg Med 2009 ;41:745-50 )。
ヴァンキッシュMEはこの温度で脂肪細胞を30分加熱することにより脂肪細胞に「アポトーシス(細胞の自然死)」を起こし脂肪細胞を永久的に減少させる方法になります。
いちど減少した脂肪細胞は成長期以降に再び増えることは無いため、リバウンドのリスクが限りなく少ない痩身方法と言えるでしょう。

脂肪細胞の生存率
評価①:動物実験による脂肪組織減少

照射部位と非照射部位

豚を使った動物実験でも30分の照射4回で照射エリアの脂肪組織の減少が確認されています。ヴァンキッシュにより施術部位の脂肪組織の厚みが、施術をしていない組織と比べて薄くなっていることがわかりました。
(出典:Lasers Surg Med. 2013 Apr;45(4):235-9. )

評価②:MRIでみる治療前後の変化

アメリカで行われた治験の結果をご紹介します。
治療前と4回治療後の腹部MRIによる比較では、同一部位の腹部皮下脂肪組織の厚みが41.77㎜⇒35.73㎜と約6㎜、約15%減少していることがわかります。
食事の有無や腹圧の変化に関係なく正確に測定できるMRIでの変化は、ヴァンキッシュMEの脂肪細胞減少効果を証明できると言えるでしょう。

皮下脂肪組織の厚み

ヴァンキッシュMEの3つのポイント

  • ①寝ているだけ
  • ②一度に広範囲、短い施術時間
  • ③痛み・ダウンタイムがない

寝ているだけでOKの画期的な新治療


寝ているだけでOKの治療シーン

施術中は横になってリラックスしていただいているだけで大丈夫です。
岩盤浴のようなじんわりとした温かさがあるだけで、痛みはありません。
非接触型なので機械が体に触れることもないため、押し付けられたような跡も残りません。
さらに温熱作用により新陳代謝が亢進するため、部分痩せのみならず体重の減少にも有利になります。

一度に広範囲の治療が可能、短い施術時間


ヴァンキッシュMEの大型アプリケーター(照射パネル)

ヴァンキッシュMEの大型アプリケーター(照射パネル)は痩身機器としては最大級、20㎝×70㎝の広範囲を一度に治療することが可能です。
腹部であれば上腹部、下腹部、側腹部までカバーできるので、効率のよいサイズダウンが期待できます。
さらにパネルは可動式なので、大柄な方から比較的細身の方まで、脂肪があればどんな体型の方にでも対応できるのが強みです。

痛み・ダウンタイムがない


メスはもちろん針や麻酔も使いません

施術には、メスはもちろん針や麻酔も使いません。
岩盤浴のような心地よい温かさを感じるだけなので、施術中の痛みもほとんどありません。施術後もポカポカした感じが続きますが、適正な出力で治療が行われていればダウンタイムはありません。
最適な出力を保つため、当院ではヴァンキッシュMEのチューニング機能に加え、施術中も看護師によるこまめな調整とケアを心掛けています。

ヴァンキッシュMEの治療料金・その他

治療料金


価格(税別)
ヴァンキッシュME
(前腹部・後腹部・お尻~太もも後面)
1回(1部位) 35,000円
5回コース(1部位) 150,000円
2か月間
通い放題*
200,000円

*通い放題コース:部位は自由に選択できます。詳しくはお問い合わせください。

治療のリスク・合併症

一時的な赤み、ヒリヒリや感覚の鈍さが出ることがありますが、いずれも2~3週間でおさまってきます。
治療部位を強く押した時に筋肉痛のような痛みや不快感を感じる場合もありますが、これも2~3週間でおさまります。
熱を加える治療である為、ごくまれに部分的に水ぶくれやかさぶたを生じる可能性がありますが、いずれも時間の経過とともに治ってきます。
((症状には個人差があり、お薬を処方する場合もあります)通常は起きない症状ですが、よりリスクを低くするために、やけどをしないように看護師がこまめに調整しています。

症例写真

腹部前面

症例写真、腹部前面

腹部前面

症例写真、腹部前面

腹部前面

症例写真、腹部前面

腹部背面・腰

症例写真、腹部背面と腰


脂肪溶解注射

細い針で薬剤を皮下脂肪に直接注射することで、気になる部分の脂肪をピンポイントで減らすことができる治療です。薬液が浸透した部分の脂肪細胞は破壊され、溶解していきます。
溶解した脂肪はそのまま尿や便と一緒に体外に排出されて体内から除去されます。
成長期以降は脂肪細胞の数は変動しないため、一度除去された脂肪が再生することはありません。
当院では患者さまのお悩みとご希望に合わせて、
①Fat X(ファットエックス)
②BNLS neo
の2種類の脂肪溶解注射を使用しています。

こんな方におすすめです

  • 1.部分痩せはしたいが脂肪吸引には抵抗がある
  • 2.エステに通ったが効果がなかった
  • 3.他の脂肪溶解注射では満足な効果が出なかった
  • 4.リバウンドしない方法がいい

そのお悩み、脂肪溶解注射で解決しましょう!!

適応部位

適応部位
●顔
  • あご下
  • 頬(口の横のたるみ)
  • フェイスライン
  • 鼻 ※BNLS Neo

●ボディ
  • 二の腕
  • お腹
  • ウエスト周り
  • 臀部
  • 太もも
  • ブラファット

他にも、ひざ周りや背中など、医師の診察により施術可能な部位があります。
気になるパーツがあれば遠慮なさらずご相談ください。

脂肪溶解注射の特徴

1.脂肪細胞をしっかり破壊

デオキシコール酸をはじめとした有効成分が脂肪細胞膜を破壊、中の脂肪細胞をしっかり分解するので、1回の注射でも脂肪を減らせます。

2.気になる部分を選んで部分痩せ

脂肪を減らしたい部分、気になるパーツをピンポイントで治療できるので的確な部分痩せが可能。

3.痛みも少なく手軽な治療

治療時間は約10分、注射だけなので日常生活を送りながら気軽に受けられます。
使用するのは極細の針なので痛みも少ないのがポイントです。

4.リバウンドしにくい

食事や運動などの通常のダイエットのように単純に脂肪細胞を小さくするのではなく、脂肪細胞の数を減らすので、リバウンドしづらく、脂肪がつきにくい体質に。

脂肪溶解注射

脂肪細胞一つ一つのサイズが小さくなるだけではなく、その総数を減らすことができるため、高い痩身効果が得られるうえにリバウンドの可能性を減少することができます。

FatX (ファットエックス)

脂肪溶解注射FatX

FatXはアメリカのFDAにより脂肪分解効果が認められたデオキシコール酸を高濃度で配合した脂肪溶解注射です。
強力な脂肪溶解効果により破壊された脂肪は再生せず、そのスペースは弾力に富んだコラーゲンに置換されるのでリバウンドの可能性が少なく、結果にも優れているのが特徴です。
破壊された脂肪細胞の断片は免疫細胞によって捕食され、尿や便などから体外に排出されることで4~6週間かけて効率よく脂肪が減少していきます。10年近くの臨床成績により、薬剤の効果と安全性が確認されています。

デオキシコール酸

デオキシコール酸は顎の下の皮下脂肪の治療薬としてアメリカのFDAで承認された薬剤です。
注入により脂肪細胞に接触すると脂肪細胞の膜を破壊し、脂肪を溶解させます。

■その他の有効成分
・アミノ酸・ビタミン様物質、ヒアルロン酸、サラシナショウマ根抽出物、ツボクサ抽出物、クチナシ果実、フマリア・オィキナス抽出物 他

評価:実験による脂肪組織溶解
実験による脂肪組織溶解

脂肪組織をFatXに入れた実験結果です。3日後、2週間後と時間の経過とともに脂肪が分解されて溶解していることがわかります。

副次効果:コラーゲン新生による引き締め効果
コラーゲン新生による引き締め効果

脂肪細胞を減少させるとともに、皮膚の修復機能(リモデリング)によってコラーゲン合成が誘導され、脂肪のボリュームが減ったあとの皮膚のたるみを予防し、引き締め効果を得ることができます。特に顔面ではこの効果が重要になります。

施術に関する注意事項

・施術について
施術時間 :10~15分程度です。
麻酔   :注入部位を局所麻酔して痛みの少ない状態で行います

・注意事項
入浴・洗顔・メイクは当日から可能です。
飲酒や激しい運動は内出血を防ぐため翌日からをおすすめします。

・治療のスケジュール
1か月ごとに3回程度の治療がおすすめです。

この施術を受けられない方
妊娠中、授乳中の方
含まれる成分にアレルギーがある方

BNLS neo


脂肪溶解注射BNLS neo

これまでのBNLSの主要成分である植物由来成分に加え、強力な脂肪溶解効果を持つデオキシコール酸をバランスよく加えた脂肪溶解注射です。
肪溶解作用、リンパ循環作用、肌の引き締め作用の相乗作用により、最短で3日ほどから顔やせ・小顔の変化が現れます。
注入部位に痛み、腫れ、熱感がほとんど発生しないので、 ダウンタイムの少ないマイルドさが持ち味の治療です。

デオキシコール酸

FatXの主成分でもあるデオキシコール酸はアメリカのFDAで脂肪減少の効果が承認された薬剤です。
他の成分とバランス良く配合することでダウンタイムを最小にしながら、BNLSシリーズでは最も強い脂肪溶解効果を発揮します。

■その他の有効成分

その他の有効成分

施術に関する注意事項

・施術について
施術時間 :10~15分程度です。
麻酔   :注入部位を局所麻酔して痛みの少ない状態で行います。

・注意事項
入浴・洗顔・メイクは当日から可能です。
飲酒や激しい運動は内出血を防ぐため翌日からをおすすめします。

・治療のスケジュール
1〜2週間ごとに3〜5回の治療がおすすめです。

この施術を受けられない方
妊娠中、授乳中の方
含まれる成分(海藻・クルミなど)にアレルギーがある方

脂肪溶解注射の治療料金・その他

治療料金

FatX
1バイアル(10㏄ ) ¥100,000
1ml ¥12,000
BNLS neo
初回のみ、1ccあたり何本でも ¥5,000(1cc)~
2回目以降 ¥10,000(1㏄)~
ボディ ¥30,000(10㏄)~

*料金は税別表示です。

治療のリスク・合併症について

合併症・副作用について

  • 乾燥、刺激感、びらん、皮膚炎、毛嚢炎、瘢痕、色素沈着、皮膚疾患(アトピー、ヘルペス、にきびなど)の悪化などが生じることがあります。
  • 翌日から軽いマッサージや有酸素運動を行うと、体内循環が高まり効率良く脂肪が排出されていきます。
  • (Fat-X)炎症反応と脂肪細胞破壊作用により、治療後数日間は圧痛、腫れ、むくみ、赤みや若干の知覚低下があります。
    腫れや熱感がある場合、アイスパックなどで冷却してください。
  • (Fat-X)治療後1~2週間で線維化・コラーゲン形成作用により、注入部位が少し硬くなることがありますが徐々に柔らかくなります。